読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリスのプリペイドSIM、giffgaffの使い方

日本からgiffgaffのSIMカードを注文してみた

ヒースロー空港のSIM自動販売機について

当ブログでは、日本から無料で入手できるgiffgaffのSIM(5ポンドのボーナス付き)をお勧めしていますが(リンクで解説)、これからイギリスを訪れる予定の方への情報として

 

イギリスの空の玄関口、ヒースロー空港の到着ロビーにはプリペイドSIMカード自動販売機があります。

 

2016年8月のブログ記事をみつけたのでリンク

www.hkyamane.com

この記事を見た感じではEEのData SIM(通話できない)が2GBで20ポンドがねらい目でしょう。また、安いのが売りのThreeが12GB + 通話300分で30ポンドとなっています。(ThreeはPay as You Goでのテザリングを禁止しているので要注意ですリンク。EEはテザリング出来るようですリンク

2014年頃まではThreeが1か月Dataと通話無制限で20ポンドだったのですごく値上がりしたように感じます。

Lebaraは日本でいう格安SIMMVNO)でVodafoneの回線を使っています。

自動販売機で売っているプリペイドSIMはチャージ済みなのでクレジットカード不要で便利かもしれません。(パスポート番号などの登録は必要)

 

空港にあるWHSmith(本屋)でもSIMカードを売っているようで、そちらの方が安く手に入るかもしれません。(こちらはSIMだけ買って、後でチャージする)

 

今ではヒースロー空港無料Wifiが使えるようになったようなので知っておくと便利です。無料使用は1日4時間の制限があるようなので注意。リンク

ds-square.com